17mmの隙間でも差し込めます

  • スクリュー式微調整タイプのジャッキです。
  • スクリューネジ1回転で0.75mmの微調整ができます。
  • 本体部は一体構造で高強度、引張強さ1,200N/mm²の素材を採用。
  • 製品質量

    11.8
    kg

  • 製品コード

    EJ

  • リース

レベル調整治具

EJ爪付ジャッキ

PC柱高さ調整時

  • PC柱自重6ton未満⇒1台使用
  • 17mmの隙間でも差し込めます。
  • 最大使用荷重は頭部10ton、爪部5tonです。
  • スクリュー式微調整タイプのジャッキです。
  • スクリューネジ1回転で0.75mmの微調整ができます。
  • 本体部は一体構造で高強度、引張強さ1,200N/mm²の素材を採用。
  • ジャッキ操作用軸部は左右90°の範囲で首振りでき、最適な操作位置を選択できます。
  • 爪部高さに余裕のある場合は、本体爪の上に、3mmの調整プレート(販売品)を置くことで、高さの調節ができ、接地面積を広くとることができます。
 
  • 本体部の頭部または爪部に負荷を斜めにかけないでください。
  • 爪付きジャッキを平坦な場所に設置し、揚重対象物にかける負の方向が頭部、または爪部上面に対して全面垂直に作用するようにして、爪付きジャッキが倒れないようにしてください。
  • 本体部底面(基台)の全面が接地できない場所では使用しないでください。
最大使用量 頭部 10ton/爪部5ton
全高 311mm
爪部最低高さ 14mm
最大ストローク 15mm
スクリュー1回転の昇降距離 0.75mm
オプション/販売 調整プレート 板厚(3mm)
製品質量 11.8kg(本体9.4kg、ジャッキ2.4kg)

調整プレート

寸法図

 

操作は手動で行って下さい。
電動工具使用不可

EJ爪付ジャッキ(MJジャッキセット)の注意点

本体部の頭部または爪部を、揚重対象物の下に入れ、ジャッキ部をセットします。

この時、ジャッキ部ジャッキヘッドの中心と、本体部ヘッド受けの中心が、ほぼ一致するようにセットして下さい。(右図参照)

MJジャッキ

  • 2.4kg
  • HS-200
  • リース

超小型・軽量なのに最大揚力10ton!

注意事項

  • 対辺17mmのレンチ(ラチェットレンチ・メガネレンチ・スパナ・モンキー等)を使用して、ジャッキアップを行います。
  • ジャッキ部は動力工具(電気工具・油圧工具・エアー工具等)を使用して操作しないで下さい。
  • 手動力が異常に大きくなった場合は、直ちに操作を中止して下さい。
  • レンチにパイプ等を入れ故意に長くして使用しないで下さい。
  • 足でレンチを踏み付けて操作しないで下さい。
  • ジャッキ部のスクリューネジは、ストロークエンドで一旦停まった位置からそれ以上無理にスクリューネジを廻さないで下さい。
  • ジャッキ部が油もれしたものは使用しないで下さい。
  • ジャッキ部が油もれしているのは動力工具で使用しているか、最大使用荷重を超えた荷重を掛けたためです。すぐに修理して下さい。
  • 本体をハンマー代わりに使用しないで下さい。

寸法図

寸法図

仕様

型式 最大
揚力
kN(t)
ストローク
揚程(mm)
揚量距離
1/12回転
(30°)
寸法(mm) 最大揚力時操作力
N(kgf)
概算
総自重
(kg)
高さ 長さ
HS-200 200
(20)
15 0.063mm
(63μ)
(超微調整可能)
98~113 φ55 192~252 330(33)
(レンチ長30cmの時)
2.4

使用方法

使用方法

写真集 / 動画集
  • ピタカイ・ミニ/ピタカイ・ミニ ロング
  • ピタカイ・ミニW/ピタカイ・ミニW ロング
  • 写真集へ
カタログ / 取扱説明書 / 点検表

※寸法と図の形状は、現品と異なる場合があります。また仕様・寸法・材質など変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

寸法表・安全荷重表

シャックルやワイヤの寸法・安全荷重はこちらからご確認いただけます。

カタログダウンロード

カタログダウンロード

最新の製品カタログ・図面・取扱説明書がこちらからダウンロードできます。[PDF]

スタッフ紹介

RI社員ブログ

048-280-5505