INTERVIEW

社 員 紹 介

山下 恭平

Kyohei Yamashita

入社 8年目

01

入社の決め手

建築を軸に「ものづくり」に興味があったという点でこのRIにアプローチ。その時の説明会で感じたことは、働く人たちの仲の良さから働く環境としての安心と期待感を感じました。

02

勤続7年を経て感じたこと

7年という間、このRIで継続勤務できた一番の大きな点は「風通しの良さ」。自分の考えや意見を立場関係なく横一線で吸収し親身に考えてくれる環境があるからいろんなことを乗り越えて今に至ることができました。

03

7年を経て変化する仕事への喜び

最初の頃は自分が整備した機材が有名な建築物の建設現場で使われていることに感動し、同時に責任感や喜びを得ることができました。3年前から技術職から営業というポジションに就くことでお客様とのフロント的立場になり、自分の提案力や価格感などが試される立場に変わったことでお客様から提案を評価されたり相談を受ける時など、対外的関係からも喜びを得られるようになりました。 また、社内的には経験や社歴からも中間的ポジションになってきたので、この組織の中での架け橋的役割を担っているという点からも責任感と喜びを感じれることが増えました。

04

RIのアピールポイント

RIは職場環境を自分たちで良くしていける会社。仕事を通じ自分が感じたアイディアや改善点を全体で共有し新しいルールを作っていけます。また、プライベートを充実化するという点において非常に協力的な文化があります。新人であろうがしっかりと協力的に先輩や上司が理解と協力をしてくれます。新人だから休みづらいとか、言いづらいとかというところは一切ありません。