使用上の注意事項

1. 取扱説明書の必読

ご使用前に必ず取扱説明書をお読み下さい。

2. 作業前点検の厳守

必ず作業開始前の点検、および定期点検を実施し、異常のあるクランプは使用しないでください。

3. 油等付着物の除去

吊り荷のつかみ部に油、塗料、スケール、錆等の付着物がある場合は、きれいに取り除いてください。

4. 使用基準の厳守

クランプの使用荷重を越えるもの、および許容使用寸法以外の吊り荷は絶対に吊らないでください。
ご使用前に必ず吊り荷の直径または呼び名を確認し、開口調整を行ってください。

 
  • 最大使用荷重1.5tonを越える吊り荷は、絶対に吊らないで下さい。クランプの破損、吊り荷の落下等の原因となります。
  • 細径用受け板は、必ず当社純正品を使用してください。(ボルト2本止め)
5. 横向き吊り荷のクランプの取付方

引き起こしの際は、ロックレバー側を上にして取り付けて下さい。反対向きに取り付けると、クランプが回転し、カムが吊り荷から外れる(クランプされていない状態になる)恐れがあり危険です。

6. 転倒範囲内立入禁止

吊り荷の落下・転倒範囲には立ち入らないでください。
また、人の頭上通過・頭上での作業は絶対に行わないでください。

7. 吊り角度の厳守

  1. ロックスプリング側が向き合っているときの角度は60°以内です。
  2. 受け板側が向き合っているときの角度は-60°〜10°以内です。
  3. ロックスプリング側と受け板側が向き合っているときの角度は10°以内
  4. ガイドリンクユニット側とレバーストッパーカム側が向き合っているときの角度は10°以内(天秤を使用した垂直吊り推奨)
8. 天秤の使用

多点吊りの場合は、クランプおよび吊り荷同士が干渉しないように、吊り荷の状況に合った天秤等を使用してください。

9. 鉄筋吊りクランプの4点吊りでの最大使用荷重について

滑車等を使用して、均等に荷重がかかるように使用していただける場合のみ、
最大使用荷重は、1.5ton×4台=6ton
滑車等を使用しない場合は、4点吊りであっても3点吊りと考え

最大使用荷重は、1.5ton×3台=4.5ton
クランプの取り付け位置、スリングの長さ等、すべてが一定であることが必要になります。

作業開始前の点検

クランプ外観の確認

□最大使用荷重 1500kg □有効呼び名 D19~D29,D32~D41

  • 本体、部品に亀裂・変形のないこと
  • クランプに表示された内容が確認できること
 

D19~D29に使用する場合は、必ず「細径用受け板」を取り付けて下さい。

作動確認

作動確認

  • ロック装置を作動させ、全てがスムーズに作動すること
  • スムーズに作動しない場合は使用禁止とし、分解点検を行って下さい
開口寸法の確認

38.0mm以上は不可(D19~D29仕様)

開口寸法に開きがないこと

カムの摩耗確認

カムの摩耗確認

カムの歯の欠け・目詰まり・摩耗がないこと(摩耗限度幅:0.5mm以上は不可)

カムとガイドの間隔

カムとガイドの間隔

カムとガイドの間隔に開きがないこと(18.0mm以上は不可)

写真集 / 動画集
カタログ / 取扱説明書 / 点検表

※寸法と図の形状は、現品と異なる場合があります。また仕様・寸法・材質など変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

寸法表・安全荷重表

シャックルやワイヤの寸法・安全荷重はこちらからご確認いただけます。

カタログダウンロード

カタログダウンロード

最新の製品カタログ・図面・取扱説明書がこちらからダウンロードできます。[PDF]

RI社員ブログ

048-280-5505

営業時間:8:00~17:00(土日祝日休業)