建設・クレーン工事現場で使われている専門用語用語をまとめました。

マイティシャックル

無線操作により自動的に玉掛けワイヤーが吊り荷から外れる柱鉄骨建方用の自動玉外し機械。一種の建設ロボットでありきわめて安全性が高い。

詳しく見る
マカダムローラーmacadam roller

舗装、路盤の転圧に用いる、前輪1輪、後輪2輪の鉄輪ローラー。

詳しく見る
巻き尺

ケ一スに巻き取ることができる距離測定用の目盛り帯。鋼製と布製のものがある。

詳しく見る
巻き代(まきしろ)

ウィンチに巻き取るワイヤーの量。荷揚げにおいて「巻き代が少ない」とは材料を高く吊り揚げることができないことであり荷揚げに支障をきたす。

詳しく見る
巻き過ぎ防止装置

過巻き防止装置

詳しく見る
巻きワイヤー

巻上げ機に使用するワイヤーロープの呼称で、虎綱(とらづな)などと区別するときに使われる。JIS G 3525。

詳しく見る
間口(まぐち)

敷地または建物の正面道路に接する側の幅。→奥行

詳しく見る
曲げ上げ筋

ベンド筋

詳しく見る
曲げ拘束筋(まげこうそくきん)

コンクリート断面が大きな曲げ圧縮力を受ける際、鉄筋のはらみ出を防止するために設ける補助筋。

詳しく見る
曲げ台

鉄筋の一端を台に固定し、梃子(てこ)を利用して人力で鉄筋を曲げる加工に用いる台。

詳しく見る
摩擦ボルト接合friction bolt joint

接合部材同士を高力ボルトで強力に締め付け、接合面で材間に働く摩擦抵抗によって応力を伝える接合方法。→高力ボルト接合、支圧ボルト接合

詳しく見る
マスキングテープmasking tape

後ではがしやすいように粘着力の弱い接着剤を塗ったテープ。塗装における色の塗り分けや汚れを防ぐための養生紙の貼付けなどに用いる。また不定形シーリング材の充てん時に目地周囲の汚れ防止と、目地線を美しく仕上げるために目地の両側に貼る。

詳しく見る
マストクライミングmast climbing

タワークレ一ンにおけるクライミングの一種。マストに相当する支柱を継ぎ足し、クレーン本体である旋回部分がマストをのぼる。

詳しく見る
間柱(まばしら)

柱と柱の間に取り付ける補助的な小柱。構造の補強として入れる場合と、仕上げのための下地として入れる場合がある。大壁(おおかべ)造りでは、一般的に通常の柱の1/2や1/3の割り材が使われる。

詳しく見る
丸太足場

丸太で組んだ足場。主に杉が使われる。

詳しく見る
丸面(まるめん)

出隅部に丸みを持たせた面。→面

詳しく見る
まんじゅう

ベースプレート上に敷くモルタルのこと。鉄骨建て方の精度を高めるために用いられる。

詳しく見る
万能(まんのう)

硬い地盤を手掘りしたり、コンクリートがらをかき集めたりするときに使う爪の付いた鍬。爪の数から2本万能と3本万能がある。

詳しく見る
万力(まんりき)

→ろくろ

詳しく見る

代表挨拶

RECRUIT SITE

用語集

寸法表・安全荷重表

シャックルやワイヤの寸法・安全荷重はこちらからご確認いただけます。

カタログダウンロード

カタログダウンロード

最新の製品カタログ・図面・取扱説明書がこちらからダウンロードできます。[PDF]

RI社員ブログ

048-280-5505

営業時間:8:00~17:00(土日祝日休業)